プラセンタと女性ホルモンの関係性を知る

女性ホルモンのバランスが整っているということは健康面でも非常に大切な事です。ホルモンバランスが悪い事で出る症状はPMSも代表的ですが、特に更年期などはエストロゲンやプロゲステロンが減ってしまう事により、のぼせや発汗、うつ症状、疲れ、だるさなどがでてきます。

エストロゲンやプロゲステロンの分泌量が正常であれば、このような体調の悪さなども起こることがないのです。この女性ホルモンの働きを良くしてくれる成分が、プラセンタだとも言われていますが、実際の効果はどのような物なのでしょうか。

1.プラセンタによる女性ホルモンへの影響

プラセンタはイソフラボンのように直接女性ホルモンに変わるような成分ではありません。むしろ、エストロゲンとプロゲステロンの過不足をうまく補ってくれるホルモンバランスを整える働きがあるのです。

女性ホルモンというのは増えすぎても体のためにはよくありませんので、この分量がある程度適性であれば体調は整ってくるものなのです。その点ではプラセンタは自律神経を正常にし、ホルモンバランスの過不足などをうまく補ってくれるので女性ホルモンそのものを増やすような食生活をするよりも、さらに効果的だと言えるのです。

2.プラセンタによる美容と健康への効果

プラセンタは女性ホルモンの補正効果が高いと言われています。エストロゲンは女性らしい体つきを作り上げたり、骨や血管なども丈夫にしてくれる作用がありますので一定量は必要な成分なのです。増えすぎてしまうと乳癌の恐れもありますので、適正な量が体の中に分泌されることが望ましいのです。

プロゲステロンは、妊娠には欠かせないホルモンですが多すぎる食欲が過剰になり、体がむくむといった症状も出ます。プロゲステロンはホルモンバランスの調整する働きもある為に、適正量は体に必要です。

一方だけのホルモンを増やさず、適正な量に補ってくれる働きがプラセンタにはありますので、美容面でも効果があり、肌の艶だけでなく体全体の若返りの効果があります。それだけではなく、健康面でも栄養が豊富に含まれており、体調面が良くなる効果もプラセンタにはあるのです。(参考:シミを薄くするプラセンタ