イソフラボンの美容・健康効果とプラセンタとの使い分け

大豆などに含まれている有名な成分がイソフラボンです。
イソフラボンはキレイを司る女性ホルモン、エストロゲンと似た作用を持っている事から注目を集めました。
そんなイソフラボンは、健康と美容に良い影響を与えるとして化粧品だったりサプリメントなどにも応用されています。

まずイソフラボンの健康効果からあげてみましょう。
女性ホルモン・エストロゲンが減少すると、カルシウムが流出しやすくなりせっかくカルシウムを摂取しても密度の低い弱くて脆い骨になってしまうのです。
それだけではなく血中のコレステロールが上昇したり、更年期障害を発症する原因にもなります。

これらの症状がイソフラボンを補うことによって改善し、身体の機能が正常に働くようになるのです。

次にイソフラボンの持つ美容効果について見ていきましょう。
イソフラボンを摂取することで不足していた女性ホルモンを補うと、肌が潤い明るく艶のある肌に近づく事が可能となります。
またホルモンバランスの乱れからくるニキビにも効果的です。
イソフラボンには抗酸化作用もあるため、アンチエイジングや美白にも効果を発揮します。

イソフラボンと同様にホルモンバランスを整える効果があるとされているのが、プラセンタです。
胎盤抽出エキスであるプラセンタは肌の保湿成分でもあるアミノ酸やアンチエイジングに優れた成長因子が豊富に含まれているという特徴があります。
イソフラボンの持つ健康美容効果と重複する点も多くなっています。

どちらもオールマイティーな働きをする成分ですが、女性ホルモンであるエストロゲンを補いたいのなら、イソフラボンを選びましょう。
プラセンタは、イソフラボンのようにエストロゲンを補う成分ではなく悪魔でもホルモンバランスを整える効果を持っています。

そこでホルモンバランスが乱れているな、と感じた時はプラセンタを加齢やストレスなどで女性ホルモンが不足しがちならイソフラボンを選ぶとベストでしょう。