顔に現れる廊下のサイン【ほうれい線】への対策

顔に現れる老化のサインは幾つかありますが、その最もたるものがほうれい線です。
小鼻の脇から兆候が現れ始めるほうれい線は、適切なケアをせずに放っておくと口角にまで線が伸びてしまいます。
このほうれい線があるかないかで、見た目年齢は大きく異なってくるのです。

ほうれい線が出来る主な原因は乾燥とたるみによるものです。
肌が乾燥すると、皺が皮膚につきやすくなり大口を開けて喋ったり笑ったりすると表情シワとしてほうれい線が出来ます。
またハリを保つコラーゲンやエラスチンが変性して肌が萎むいわゆるたるみが進行すると、肌に弾力がなくなり時間が経過しても表情シワがとれずほうれい線として定着してしまうのです。
たるみにより、頬の位置が下がってくる事でもほうれい線が出来ます。

こうしたほうれい線対策としては、乾燥ケアやたるみケアをしなくてはいけません。
保湿・アンチエイジング化粧品を使用したスキンケアや顔の筋肉を鍛える事が有効です。

胎盤から抽出されたプラセンタは、美白成分として有名ですが実はほうれい線に対策としても是非使って欲しい成分です。
プラセンタには保湿化粧品にも配合されているアミノ酸が豊富なので、ほうれい線の原因のひとつである乾燥をケアする事が出来ます。

またプラセンタには、EGFなどの成長因子も高濃度で配合されています。
成長因子は新陳代謝を促し、細胞の修復を行うなどのアンチエイジング効果がある為、プラセンタはたるみによるほうれい線にも効果を期待出来るのです。

このようにプラセンタには、乾燥やたるみにアプローチする成分が含まれている為ほうれい線ケアに有効なのですね。

プラセンタは、化粧品として直接肌に塗布してもサプリやドリンクとして内側から摂取してもほうれい線対策を行う事が出来る優れた成分と言えるでしょう。