顔に現れる廊下のサイン【ほうれい線】への対策

顔に現れる老化のサインは幾つかありますが、その最もたるものがほうれい線です。
小鼻の脇から兆候が現れ始めるほうれい線は、適切なケアをせずに放っておくと口角にまで線が伸びてしまいます。
このほうれい線があるかないかで、見た目年齢は大きく異なってくるのです。

ほうれい線が出来る主な原因は乾燥とたるみによるものです。
肌が乾燥すると、皺が皮膚につきやすくなり大口を開けて喋ったり笑ったりすると表情シワとしてほうれい線が出来ます。
またハリを保つコラーゲンやエラスチンが変性して肌が萎むいわゆるたるみが進行すると、肌に弾力がなくなり時間が経過しても表情シワがとれずほうれい線として定着してしまうのです。
たるみにより、頬の位置が下がってくる事でもほうれい線が出来ます。

こうしたほうれい線対策としては、乾燥ケアやたるみケアをしなくてはいけません。
保湿・アンチエイジング化粧品を使用したスキンケアや顔の筋肉を鍛える事が有効です。

胎盤から抽出されたプラセンタは、美白成分として有名ですが実はほうれい線に対策としても是非使って欲しい成分です。
プラセンタには保湿化粧品にも配合されているアミノ酸が豊富なので、ほうれい線の原因のひとつである乾燥をケアする事が出来ます。

またプラセンタには、EGFなどの成長因子も高濃度で配合されています。
成長因子は新陳代謝を促し、細胞の修復を行うなどのアンチエイジング効果がある為、プラセンタはたるみによるほうれい線にも効果を期待出来るのです。

このようにプラセンタには、乾燥やたるみにアプローチする成分が含まれている為ほうれい線ケアに有効なのですね。

プラセンタは、化粧品として直接肌に塗布してもサプリやドリンクとして内側から摂取してもほうれい線対策を行う事が出来る優れた成分と言えるでしょう。

シミの撃退にはプラセンタが良いのでは?

シミの原因には年齢的なものもありますが、実は紫外線によってできるものが一般的ではないかと思います。

紫外線に当たることで生じる光老化というものがあるのですが、人の老化を早める原因には、この光老化が大部分を占めると言われていますので、その中の1つであるシミなども、含まれるのではないでしょうか。

紫外線はシミにはよくないと言われていますが、具体的には、どのような理由でよくないと言われているのでしょうか。

シミの元でよく知られているメラニンというものがありますが、実はこれが紫外線に当たることで通常より活性化してしまい、シミを次から次へと作り出してしまう性質があるからでしょう。
従って、何もしないで紫外線を浴びていると、今だけでなく将来のシミまでも作り出してしまうことになりますので、対策が必要となってくるのです。

そこで登場してくるのが、美白化粧品です。美白化粧品には、先程のメラニンの活性化を抑えてくれる働きがありますので、シミ対策のために、日頃から美白ケアをしておくことはとても大切なことだと言えるのです。
ただ、すでに出来てしまったシミには、美白化粧品を使う他にも、同時にお肌のターンオーバーを促してあげることが大切になってくるでしょう。

お肌の生まれ変わりを促してあげることで、シミがお肌の中から表面に押し出され、垢となって剥がれ落ちてくれますので、ターンオーバーも高い美白効果が期待できるのです。

そして、このお肌の生まれ変わりを活性化してくれるものの1つに、プラセンタがあります。

プラセンタの特に馬由来のものには、グロスファクターと言う成分が含まれており、これがお肌の生まれ変わりを活性化してくれるものなのです。
通常、年齢を重ねるに連れて、お肌のターンオーバーの周期は遅れがちになってしまい、そのぶんシミの改善も遅くなってしまうのですが、プラセンタは、この遅れがちな周期も早めてくれる効果がありますので、年齢肌に悩む方にこそ、高い効果が期待できる有効成分の1つとなっているでしょう。

またお肌の奥深く(真皮層)は、お肌のターンオーバーが行われないところですので、ここに出来てしまったシミはなかなか治りにくいものなのですが、プラセンタには、真皮層の血行を活性化させる働きもありますので、お肌の老廃物を洗い流してくれ、諦めてしまっていたシミに対しても、高い効果が期待できるものとなっているでしょう。

プラセンタには、たくさんのサプリメントやドリンクなどがあります。プラセンタエキスのみを使用しているものであったり、プラセンタの他にも、他の美容成分などがバランスよく含まれているものがあったりと、様々な種類のものがありますので、いろいろ試されてみて、より自分にあったものを選ばれるといいのではないでしょうか。

イソフラボンの美容・健康効果とプラセンタとの使い分け

大豆などに含まれている有名な成分がイソフラボンです。
イソフラボンはキレイを司る女性ホルモン、エストロゲンと似た作用を持っている事から注目を集めました。
そんなイソフラボンは、健康と美容に良い影響を与えるとして化粧品だったりサプリメントなどにも応用されています。

まずイソフラボンの健康効果からあげてみましょう。
女性ホルモン・エストロゲンが減少すると、カルシウムが流出しやすくなりせっかくカルシウムを摂取しても密度の低い弱くて脆い骨になってしまうのです。
それだけではなく血中のコレステロールが上昇したり、更年期障害を発症する原因にもなります。

これらの症状がイソフラボンを補うことによって改善し、身体の機能が正常に働くようになるのです。

次にイソフラボンの持つ美容効果について見ていきましょう。
イソフラボンを摂取することで不足していた女性ホルモンを補うと、肌が潤い明るく艶のある肌に近づく事が可能となります。
またホルモンバランスの乱れからくるニキビにも効果的です。
イソフラボンには抗酸化作用もあるため、アンチエイジングや美白にも効果を発揮します。

イソフラボンと同様にホルモンバランスを整える効果があるとされているのが、プラセンタです。
胎盤抽出エキスであるプラセンタは肌の保湿成分でもあるアミノ酸やアンチエイジングに優れた成長因子が豊富に含まれているという特徴があります。
イソフラボンの持つ健康美容効果と重複する点も多くなっています。

どちらもオールマイティーな働きをする成分ですが、女性ホルモンであるエストロゲンを補いたいのなら、イソフラボンを選びましょう。
プラセンタは、イソフラボンのようにエストロゲンを補う成分ではなく悪魔でもホルモンバランスを整える効果を持っています。

そこでホルモンバランスが乱れているな、と感じた時はプラセンタを加齢やストレスなどで女性ホルモンが不足しがちならイソフラボンを選ぶとベストでしょう。