汗をかく理由と汗が果たす役割

夏の暑い時期になると大量に汗をかく方は多いと思いますが、そもそもなぜ汗をかくのか、みなさまはご存知でしょうか?その理由と役割を知ることによって、汗に対する見方が変わってくる方もいらっしゃるかもしれません。(参考サイト)

 私たち人間というのは恒温動物の一種です。恒温動物と言うのは常に体温を一定に保とうと、身体の様々な器官が働く動物のことですが、中でも人間は汗をかくことによりその役割を果たしています。同じ恒温動物の中でも犬は呼吸により体温調整を行っているなど、汗をかく動物の中でも私たち人間とは違いがあります。

 つまり人間の場合に汗をかく理由は体温が上がっていってしまうためであり、そしてその中で汗をかくことにより体温調整を行う役割を、汗が果たしているのです。逆に言えば汗をかかないと私たち人間は、体温調整をできないということになるのです。

 このように汗をかくということは、生命の維持に関わる重要な働きであります。汗をかくとあまり気持ち良く感じないという方も多いかもしれません。実際に汗を抑えるための様々な商品なども販売されていますが、しかしながらそもそも汗をかくということは生理現象であり、それにより日々の健康も保たれます。

 大事な場面などで汗をかきたくないので、何らかの形で抑えるというのは、一つの方法としてありだと思います。ただそれを何をする時も常に続けていると、代謝がまともにおこなわれなくなり、先ほど御説明致しましたような汗の本来の役割を果たせなくなり、健康にとっても悪影響です。汗を出す汗腺の機能も衰えていってしまいます。汗をかくのが嫌だという方こそ是非、まずは上記致しました汗をかく理由と役割をご参考下さい。

顔に現れる廊下のサイン【ほうれい線】への対策

顔に現れる老化のサインは幾つかありますが、その最もたるものがほうれい線です。
小鼻の脇から兆候が現れ始めるほうれい線は、適切なケアをせずに放っておくと口角にまで線が伸びてしまいます。
このほうれい線があるかないかで、見た目年齢は大きく異なってくるのです。

ほうれい線が出来る主な原因は乾燥とたるみによるものです。
肌が乾燥すると、皺が皮膚につきやすくなり大口を開けて喋ったり笑ったりすると表情シワとしてほうれい線が出来ます。
またハリを保つコラーゲンやエラスチンが変性して肌が萎むいわゆるたるみが進行すると、肌に弾力がなくなり時間が経過しても表情シワがとれずほうれい線として定着してしまうのです。
たるみにより、頬の位置が下がってくる事でもほうれい線が出来ます。

こうしたほうれい線対策としては、乾燥ケアやたるみケアをしなくてはいけません。
保湿・アンチエイジング化粧品を使用したスキンケアや顔の筋肉を鍛える事が有効です。

胎盤から抽出されたプラセンタは、美白成分として有名ですが実はほうれい線に対策としても是非使って欲しい成分です。
プラセンタには保湿化粧品にも配合されているアミノ酸が豊富なので、ほうれい線の原因のひとつである乾燥をケアする事が出来ます。

またプラセンタには、EGFなどの成長因子も高濃度で配合されています。
成長因子は新陳代謝を促し、細胞の修復を行うなどのアンチエイジング効果がある為、プラセンタはたるみによるほうれい線にも効果を期待出来るのです。

このようにプラセンタには、乾燥やたるみにアプローチする成分が含まれている為ほうれい線ケアに有効なのですね。

プラセンタは、化粧品として直接肌に塗布してもサプリやドリンクとして内側から摂取してもほうれい線対策を行う事が出来る優れた成分と言えるでしょう。

シミの撃退にはプラセンタが良いのでは?

シミの原因には年齢的なものもありますが、実は紫外線によってできるものが一般的ではないかと思います。

紫外線に当たることで生じる光老化というものがあるのですが、人の老化を早める原因には、この光老化が大部分を占めると言われていますので、その中の1つであるシミなども、含まれるのではないでしょうか。

紫外線はシミにはよくないと言われていますが、具体的には、どのような理由でよくないと言われているのでしょうか。

シミの元でよく知られているメラニンというものがありますが、実はこれが紫外線に当たることで通常より活性化してしまい、シミを次から次へと作り出してしまう性質があるからでしょう。
従って、何もしないで紫外線を浴びていると、今だけでなく将来のシミまでも作り出してしまうことになりますので、対策が必要となってくるのです。

そこで登場してくるのが、美白化粧品です。美白化粧品には、先程のメラニンの活性化を抑えてくれる働きがありますので、シミ対策のために、日頃から美白ケアをしておくことはとても大切なことだと言えるのです。
ただ、すでに出来てしまったシミには、美白化粧品を使う他にも、同時にお肌のターンオーバーを促してあげることが大切になってくるでしょう。

お肌の生まれ変わりを促してあげることで、シミがお肌の中から表面に押し出され、垢となって剥がれ落ちてくれますので、ターンオーバーも高い美白効果が期待できるのです。

そして、このお肌の生まれ変わりを活性化してくれるものの1つに、プラセンタがあります。

プラセンタの特に馬由来のものには、グロスファクターと言う成分が含まれており、これがお肌の生まれ変わりを活性化してくれるものなのです。
通常、年齢を重ねるに連れて、お肌のターンオーバーの周期は遅れがちになってしまい、そのぶんシミの改善も遅くなってしまうのですが、プラセンタは、この遅れがちな周期も早めてくれる効果がありますので、年齢肌に悩む方にこそ、高い効果が期待できる有効成分の1つとなっているでしょう。

またお肌の奥深く(真皮層)は、お肌のターンオーバーが行われないところですので、ここに出来てしまったシミはなかなか治りにくいものなのですが、プラセンタには、真皮層の血行を活性化させる働きもありますので、お肌の老廃物を洗い流してくれ、諦めてしまっていたシミに対しても、高い効果が期待できるものとなっているでしょう。

プラセンタには、たくさんのサプリメントやドリンクなどがあります。プラセンタエキスのみを使用しているものであったり、プラセンタの他にも、他の美容成分などがバランスよく含まれているものがあったりと、様々な種類のものがありますので、いろいろ試されてみて、より自分にあったものを選ばれるといいのではないでしょうか。

イソフラボンの美容・健康効果とプラセンタとの使い分け

大豆などに含まれている有名な成分がイソフラボンです。
イソフラボンはキレイを司る女性ホルモン、エストロゲンと似た作用を持っている事から注目を集めました。
そんなイソフラボンは、健康と美容に良い影響を与えるとして化粧品だったりサプリメントなどにも応用されています。

まずイソフラボンの健康効果からあげてみましょう。
女性ホルモン・エストロゲンが減少すると、カルシウムが流出しやすくなりせっかくカルシウムを摂取しても密度の低い弱くて脆い骨になってしまうのです。
それだけではなく血中のコレステロールが上昇したり、更年期障害を発症する原因にもなります。

これらの症状がイソフラボンを補うことによって改善し、身体の機能が正常に働くようになるのです。

次にイソフラボンの持つ美容効果について見ていきましょう。
イソフラボンを摂取することで不足していた女性ホルモンを補うと、肌が潤い明るく艶のある肌に近づく事が可能となります。
またホルモンバランスの乱れからくるニキビにも効果的です。
イソフラボンには抗酸化作用もあるため、アンチエイジングや美白にも効果を発揮します。

イソフラボンと同様にホルモンバランスを整える効果があるとされているのが、プラセンタです。
胎盤抽出エキスであるプラセンタは肌の保湿成分でもあるアミノ酸やアンチエイジングに優れた成長因子が豊富に含まれているという特徴があります。
イソフラボンの持つ健康美容効果と重複する点も多くなっています。

どちらもオールマイティーな働きをする成分ですが、女性ホルモンであるエストロゲンを補いたいのなら、イソフラボンを選びましょう。
プラセンタは、イソフラボンのようにエストロゲンを補う成分ではなく悪魔でもホルモンバランスを整える効果を持っています。

そこでホルモンバランスが乱れているな、と感じた時はプラセンタを加齢やストレスなどで女性ホルモンが不足しがちならイソフラボンを選ぶとベストでしょう。

おばあちゃんの影響でコラーゲン!

私のおばあちゃんは、今年の3月で84歳になりました。
しかし、どうみても80代とは思えない若さで、今でも「可愛い」という言葉が自然と似合うのです。

それは見た目や行動どちらをとってみてもそうなのですが、肌のツヤ等も本当に大きな理由なんじゃないかと思います。
それで、実家に帰った際におばあちゃんと色々話をしていると、どうやらおばあちゃんがあるコラーゲンの粉末の製品を愛用しているという情報をキャッチしました。

使い方も簡単らしく、普通に食べているいつものご飯、例えばお味噌汁などに決まった分量を入れてかき混ぜるだけとのことでした。
気になったので、私もその製品を使わせてもらったのですが、お味噌汁に特に代わりはなく、自然とコラーゲンを摂取できた感覚でした。

これはいいな?と思い、お金にちょっとだけ余裕の出来たときにコラーゲンの商品を買って自分へのご褒美にと思って取るようにしました。
実際に使った日の次の日なんかは、メイクのりも良くなっているような気がしますし、キレイになっている気がします。

おばあちゃんはそれを毎日続けているので、それを考えるとあんなぷにぷになお肌を80代でもキープ出来るのも不思議じゃないのかな?と思います。
が、おばあちゃんは本当に可愛くて私の目標でもあります(笑)

プラセンタと女性ホルモンの関係性を知る

女性ホルモンのバランスが整っているということは健康面でも非常に大切な事です。ホルモンバランスが悪い事で出る症状はPMSも代表的ですが、特に更年期などはエストロゲンやプロゲステロンが減ってしまう事により、のぼせや発汗、うつ症状、疲れ、だるさなどがでてきます。

エストロゲンやプロゲステロンの分泌量が正常であれば、このような体調の悪さなども起こることがないのです。この女性ホルモンの働きを良くしてくれる成分が、プラセンタだとも言われていますが、実際の効果はどのような物なのでしょうか。

1.プラセンタによる女性ホルモンへの影響

プラセンタはイソフラボンのように直接女性ホルモンに変わるような成分ではありません。むしろ、エストロゲンとプロゲステロンの過不足をうまく補ってくれるホルモンバランスを整える働きがあるのです。

女性ホルモンというのは増えすぎても体のためにはよくありませんので、この分量がある程度適性であれば体調は整ってくるものなのです。その点ではプラセンタは自律神経を正常にし、ホルモンバランスの過不足などをうまく補ってくれるので女性ホルモンそのものを増やすような食生活をするよりも、さらに効果的だと言えるのです。

2.プラセンタによる美容と健康への効果

プラセンタは女性ホルモンの補正効果が高いと言われています。エストロゲンは女性らしい体つきを作り上げたり、骨や血管なども丈夫にしてくれる作用がありますので一定量は必要な成分なのです。増えすぎてしまうと乳癌の恐れもありますので、適正な量が体の中に分泌されることが望ましいのです。

プロゲステロンは、妊娠には欠かせないホルモンですが多すぎる食欲が過剰になり、体がむくむといった症状も出ます。プロゲステロンはホルモンバランスの調整する働きもある為に、適正量は体に必要です。

一方だけのホルモンを増やさず、適正な量に補ってくれる働きがプラセンタにはありますので、美容面でも効果があり、肌の艶だけでなく体全体の若返りの効果があります。それだけではなく、健康面でも栄養が豊富に含まれており、体調面が良くなる効果もプラセンタにはあるのです。(参考:シミを薄くするプラセンタ

早寝早起きで美肌効果

私は去年の今頃は、毎日夜更かしをしていて、肌が活性化するゴールデンタイムの午後10時から午前2時までは寝たことがありませんでした。
そのせいか、肌は乾燥してさらにニキビのような物も出来てしまったのです。

朝食は遅く起きるので少しだけ食べて、遅い昼食と夕食を摂る生活が続きました。さらに夜更かしをすると、お腹が空いてきます。

夜中に間食をして、時にはビールなどのお酒を飲むこともありました。このような生活を続けていたので、肌の調子がますますひどくなっていきました。

特にひどかったのは目の下のたるみです。。朝起きると目の下が膨らんでいるのが自分でも分かるくらいでした。

以前もこのような症状が出たことがありましたが、その時はWワークをしていて疲労が溜まったのが原因でした。しかし、今回は睡眠時間が8時間ですし、疲労感はそれほどありません。

それでも目の下のたるみが大きくなっていきました。そこで、思い切って朝方の生活に変えてみることにしました。

いきなりは大変ですので、徐々に夜は早く眠るようにして、朝は少しずつ早く起きるようにしました。

早寝早起きの生活をするようになってからは、朝起きても目の下のたるみを感じることはなくなりました。完全にたるみが取れたわけではないと思いますが、それでも自分で感じないくらいまで回復したのは良かったと感じています。

また、睡眠の質も徐々にですが、良くなっているような気がしています。ゴールデンタイムにしっかりと睡眠を取ることで、肌だけでなく身体の機能も回復しているようです。

最初は3日坊主になるかと思いましたが、くじけそうになるとさらに早く起きるようにしていきました。

今では予定時刻よりも1時間以上寝坊してしまうことがありますが、それでも早い時間帯に起きています。

そのおかげで朝は充実した時間を過ごすことができるようになり、時間がないと焦るストレスが減った分、肌にも美容にも良い効果があらわれているようです。